052.763.1183 

office@iwata-aa.com

© 2008-2018 Iwata Arcitect Atelier Inc.All Right Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • ブラックGoogle+のアイコン
  • Black Instagram Icon

SECURITY ACTION

ひとつ星を宣言しました。

Blog  |  岩田建築アトリエの常日頃

2017-1-29

建築士会の名古屋北支部で主催されいてる、建築コンクールのシンポジウム/公開審査を聞きに、金山まで行ってきました。

ここでミソなのは、「金山で。」という事です。

例年は東京で開催されているのが、今年からは名古屋なんです。

審査員の方は・・・

【建築家】中村好文・栗生明・古谷誠章・伊礼智

【構造家】江尻憲泰

この面々が一堂に会する事は、名古屋ではほぼ無いと思います。それほどの豪華メンバー。

いやぁ、凄く聴き応えがあ...

2017-1-26

「蒲郡の平屋」の現場は、先回は芸術が爆発しておりましたが、それがどうなったかと言いますと・・・

壁が綺麗に仕上がりました。

あの斑模様は何処へやら。

細長い換気用のスリット窓の向こうに隣地の柑橘類(何かは不明)が良いアクセントとなっております。

食堂から台所の方の見え方もスッキリしました。

(ようやくキッチンの設置も完了し、監督さんもニンマリです。)

こちらは小屋裏収納でして、建物全体の空気が流動するように、...

2017-1-17

 やっとの事で「多治見市モザイクタイルミュージアム」へ行ってきました。

オープンはしたものの、近いのでいつでも行ける。と思ってズルズルと今日に至っておりました。

写真からも溢れ出る「藤森ワールド」全開です。

エントランスの扉。

見た目に反して自動ドア。古くて新しいです。

アプローチの亀甲型の敷石。

庇の銅板葺き。

色々な要素が丁寧に積み重ねられる事によって、雰囲気・世界観は構成されていくのですね。

勿論、展示のモ...

2017-1-12

年明け初めの「蒲郡の平屋」へ。

「!?」

現場に派手なペイントが・・・。

これは、クロスを貼る前の下地調整の為にパテ剤が塗られた様子です。

ボードの継ぎ目や、ボードを固定した際のビス穴等。

クロスの貼り上がりの為に、繊細な作業がされています。

ですが、その様子は芸術が爆発したかのよう。

知らない方がコレだけ見たら、ビックリするでしょうね。

この寝室がどのように仕上がるのでしょうか。

仕上がりを期待します。

Please reload

Recent articles | 最近の記事

Please reload

Category | カテゴリー

Archive | 月別アーカイブ