あいちトリエンナーレに行きたい。


「行って来なさい。」という言葉が聞こえそうですが・・・

声を大にして、タイトルを書きましたが、私自身はアートを語るほどのウンチクは持ち合わせおりません。 昔は、「○○展」なるものを観る為に足繁く美術館に行き、作品を観て、解説を読んで、「ふむふむ、そういうモノなんだね。」なんて事をしてました。 でも、私自身にはどこかに限界があったのでしょうか、いつしか「見てるだけ」という状況に陥ることもしばしば。

そんな時に、ある知り合いから「自分自身がどう感じるかで、批評なんか放っとけ。」という言葉を聞き、目から鱗でした。

ブルース・リー的に言えば、「don't think feel(考えるな、感じるんだ!)」です。 あたり前の事のようですが、肩から力が抜けた瞬間でした。

それまでは、「これはこういう理由で凄い。」なんて風に観てたものが、ただ単純に・・・ 「コレ、面白い!」 「コレ、楽しい!」 「コレ、凄い!」   でいい訳です。

そんなアートを感じることができるであろう「あいちトリエンナーレ」は楽しみなのであります。

因みに新聞でも目にしました、草間彌生さんのアートですが・・・

(あいちトリエンナーレ公式HPより)

以前、瀬戸内海の直島にて触れる機会がありまして、そこでは・・・

こんな感じで、自然と対峙していました。 個人的な好みの話ですが、今回の「あいちトリエンナーレ」ではこうやって日常の中にある非日常的なイメージを楽しむことが出来ればと思います。


052.763.1183 

office@iwata-aa.com

© 2008-2018 Iwata Arcitect Atelier Inc.All Right Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

SECURITY ACTION

ひとつ星を宣言しました。