可視化。 -和モダンの家-


「和モダンの家」は上棟の日が近づいて参りました。

今回の外観では、塗り壁2色柄とタイル1色柄との取り合いが出てきます。

計3色の候補の組み合わせとなると、パターンがそれなりに出てきます。

こちらの描いているイメージとクライアントの思い描いているイメージのすり合わせは、言葉やニュアンスでは確認はなかなかに難しいので、可視化して確認をしていきます。

こんな感じに。

これもありか?

でも、決定案はこれからなので、上記2パターンではないと思います。

これから、さらに最終確認はやはり現物のサンプルを見て頂きます。

どんなものでも、カタログの色は飽くまで参考程度と考えておかないと、現物を見た時に「?」となります。

ご注意ください。


最新記事

すべて表示