養老天命反転地。


紅葉に訪れた養老公園内にあるこの施設(作品?)が今回のケンチク探訪の舞台です。

「養老天命反転地」です。

アーティストの荒川修作氏と詩人のマドリン・ギンズの構想を具現化したもので、これはもうケンチクではなくアートです。

アートを表現するために、ケンチクを少しばかり利用した感じの施設です。

巨大な楕円のすり鉢状の世界に、色々な建物(?)が点在し、その建物間には平らな道は殆ど無し。

非常に緊張感もありますが、五感を使う体験型施設です。

1995年に開園し、その直後に訪れた事があり、18年ぶりに来園。

18年・・・この数字が恐ろしい。(笑)

開園当初に比べて、植栽関係がかなり成長し、鬱蒼としている所もあるので、綺麗すぎず妙にリアルな感じがして、前回に比べて(18年前ですが・・・)今のほうが良い感じでした。

この延々と続く細長く人とすれ違うのもやっとの通路、18年前にも「やられた!」と感じたのを覚えていつつも、家族で再度挑戦しました。

皆さんも是非現地で体験してみてください。


052.763.1183 

office@iwata-aa.com

© 2008-2018 Iwata Arcitect Atelier Inc.All Right Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

SECURITY ACTION

ひとつ星を宣言しました。