竹中大工道具館。


先日、神戸にある「竹中大工道具館」へ行ってきました。

以前は元町駅の北にあったのですが、昨年新神戸駅のすぐ近くに新しく移転しました。

新幹線の駅そばとは思えないような雰囲気の場所に、それはそれは上品な佇まいの建物です。

右上に見える軒樋も、鉄骨を加工しつつも綺麗に収まっています。

コチラもアプローチ階段の手摺、かなり力技的ですがこれまた綺麗に収まっています。

内部の写真撮影もOKだったのですが、公開はNGなのが残念。

外部も内部も共に、隙の無いディテールで唸るようなモノばかり。

そして、「お金かかってるなぁ・・・」とため息も出るばかり。

この施設自体は、日本で唯一の大工道具の収集・保存を目的とした博物館で、昔は木材をどのように切り出したり、板材にしたか、加工の際に沢山の種類のノミやカンナを使い分けていたか等々、非常に興味深くそして楽しい場所でした。

マニアックな感じもしますが、小学1年生の息子も楽しく過ごしていました。

遠方に出掛けた際はケンチク探訪に連れてかれ、いつも退屈そうにしていますが、たまにはこういう事もあります。(笑)

これはミュージアムショップで購入した、カンナのストラップ。

非常に心くすぐられる一品で、思わず購入。

【オマケ】

すぐそばにあった、文化住宅のような住宅。

これもまた良い雰囲気の佇まいでした。


052.763.1183 

office@iwata-aa.com

© 2008-2018 Iwata Arcitect Atelier Inc.All Right Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • Black Instagram Icon

SECURITY ACTION

ひとつ星を宣言しました。