何事も無く。-外廊下のある家-


「外廊下のある家」では、地下遺跡と思しき地中埋設物が出た後に、地盤調査を行いました。

「調査跡」

赤いスプレーで×印を調査し、真ん中の穴が地中2.5m程度まで続きます。

調査には予定があり立ち会えませんでしたが、調査中に何かあれば連絡が入るようにはしておりました。

ですが、実際のところは連絡も無く、この連絡が無いというのが大した問題は無いという事になりますので、他の用事を済ましながら「連絡入るなぁ!」と念じておりました。

その願いは通じたようです。


最新記事

すべて表示