052.763.1183 

office@iwata-aa.com

© 2008-2018 Iwata Arcitect Atelier Inc.All Right Reserved.

  • Black Facebook Icon
  • ブラックGoogle+のアイコン
  • Black Instagram Icon

SECURITY ACTION

ひとつ星を宣言しました。

Blog  |  岩田建築アトリエの常日頃

「鳴海の平屋」の床材。

2014-2-08

当初、「鳴海の平屋」のクライアントが希望された床材は「カリン(花梨)」でした。

赤くて、香りが良くて、硬くて、良い材料なんですが高価なんです。

 

しかも、中国では赤は縁起の良い色として重宝される為、中国の好景気で需要が高まり、最近は高嶺の花的な材料になってしまいました。

 

そこで、今回採用した床材は・・・

 コレです、「香桧(こうひ)」という材料です。

ヒノキ科の針葉樹ですが、色は桧とは違い赤いです。

でも、ヒノキ科なので、桧の良い香りがします。

いつも通り、自然塗料による塗装をしているものの、桧の香りがします。

 

ちょっと不思議な材料。

 

きっと、完成したら部屋の中には桧の良い香りがする筈、楽しみです。

 

是非ともオープンハウスで体感していただければと思います。

 

 

 

Please reload

Recent articles | 最近の記事

Please reload

Category | カテゴリー

Archive | 月別アーカイブ